Tokyo Aoyama Little Senior Official Website


 


トップページ
チーム紹介
スタッフ紹介
選手紹介
スケジュール
試合結果
施設案内
グランド案内
体験案内

 活動報告 活動報告随時UP!

 
 チーム案内(PDF版) 

東京青山リトルシニアの理念


「野球を通し、健全な青少年の育成を行う」

  正式名称:東京青山リトルシニア
本拠地:東京都港区
所属団体:一般社団法人日本リトルシニア中学硬式野球協会
所属:関東連盟 東東京支部城南ブロック所属
 


運営方針


  東京青山リトルシニアは、硬式野球を通して健全な青少年の育成と、
力の増強、礼儀作法を育てることを目的としています。


東京青山リトルシニアではチームの活動を通じて、野球の大好きな子どもたちが将来、高校、大学、社会人等へと進んだ際に、野球の力をフルに発揮し活躍できる高度な技術の修得、ケガに強い体力づくりおよび知識、そして仲間・家族・すべての人々に感謝の気持を持つ心の醸成を指導方針としています。とくに育成において重要視しているのが、夢の実現に向けて「自ら努力しつづける」気持ちを、子供たちから引き起こすことです。
自分に厳しく文武両道で成長した選手に対しては、次のステップ(進路)に関して、本人・保護者の意向を十分配慮した三者面談等を実施し、全面的にバックアップしています。
 


指導方針

   選手一人一人に秘められた才能を信じ、努力をいとわない選手に
可能な限りの機会と経験を与えます。


プロ野球経験者をはじめ、甲子園出場者や大学野球経験者等、コーチングスタッフは豊富な野球技術および知識と経験を有しており、選手各自の個性・長所を伸ばすことを重点に指導しています。指導者に言われたことのみをこなすだけでは、技術の向上や人間的成長は望めないことから、選手個々の自主性を育てることを基本としております。このため、中学野球では珍しい、土日宿泊のミニ合宿では、野球に集中できる環境を提供するとともに、チームワークの重要性を学びます。併せて、「挨拶」の励行を徹底し、人間的成長を高める指導を行っています。
また、3年生は公式戦終了後も、高校入学直前まで練習に参加できることも大きな特徴です。リトルシニアでは夏に3年生の公式戦が終了し、多くのチームでは代替わりとなります。そのために練習は2年生が主体となり、3年生が練習に参加できない引退同然のチームも少なくはありません。しかし、夏場から高校入学までの期間は、子供の身体は大きく成長し、高度な野球技術を身に付けることができる体力が備わってくる大事な時期です。身体がなまっているところで高校に入って急に体を動かせば、ケガをするリスクは必然的に高まります。個人練習では、グランドを使ったチーム練習ほどの練習量を得ることはできません。高校入学まで練習を継続し、常に動ける体調を維持しておくことによって、入学直後から活躍することにもつながります。
 

選手心得

東京青山リトルシニア 選手心得の7ヶ条

  1.礼儀正しい態度と元気な挨拶

2.健康は宝なり

3.素直な心

4.反省の心

5.謙虚な心

6.感謝の心

7.奉仕の心
 

▲ TOP PAGE

《事務局》
東京青山リトルシニアに関するご質問等は、下記事務局まで電話、あるいは電子メールでお問い合わせ下さい。
入団に関するお問い合わせや練習試合など、お気軽にお問い合わせください。

TEL:090-8313-8028(川村忍) E-mail:
info@tokyo-aoyama.com